ソフトウェア技術者サミット in 福井 『今こそ、立ち上がろっさ。ソフトウェア大国福井を目指して!』

日頃からソフトウェア/システム開発に携わっている皆々様、はじめまして。

2005年の幕開けを迎えて早々ですが、来る1月31日(月)に、ソフトウェア技術 者の交流を目的として『ソフトウェア技術者サミットin 福井』を開催します。 このイベントは、日本においてアジャイルプロセスの普及を行っているアジ ャイルプロセス協議会と、福井県内でITエンジニアを対象としてコミュニティ 形成拡大を目指す福井情報技術者協会が共同して催す、福井県では初めてのソ フトウェア技術者達による、ソフトウェア技術者のための、ソフトウェア技術 者サミットです。

このイベントの中では、アジャイルプロセス協議会のメンバーによる講演お よび、株式会社永和システムマネジメントの平鍋健児氏による「ソフトウェア の見える化」セミナー、福井情報技術者協会の発足セミナーを予定しておりま す。また、ソフトウェア技術者同士が交流を広げられるようなイベントも予定 しております。

アジャイルに興味がある方もない方も、日頃のソフトウェア開発に疑問を持 っている方、福井が好きなソフトウェア技術者の方。普段のソフトウェア開発 がつまらないと感じ刺激を求めている方。ご近所様をお誘いの上、ふるってご 参加ください。

なんたって、初めての試みです。少人数のカジュアルな会にしたいと思っていますので、「どんな出会いがあるんやろ〜」くらいのノリでぜひお越しください。

                       アジャイルプロセス協議会
             見積り契約ガイドライン作成WG リーダ
                               北野 弘治
【日時】
2005年1月31日(月) 13:00 - 17:10 (受付開始:12:30)
【会場】
〒910-0296 福井県坂井郡丸岡町熊堂3-7-1-16 ソフトパーク福井
【定員】
35 名(参加締め切り:1月28日、定員になり次第締め切り)
【参加費】
無料 (懇親会を除く)
【参加資格】
特になし
【お申込み】
eventinfo@ko-chan.com に下記の情報をメールにて送付願います
<−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
Subject:ソフトウェア技術者サミット in 福井 申し込み
氏名:
会社:<会社名、屋号をお願いします>
所属:<所属部署等をお願いします>
連絡先メールアドレス:<申し込みメールアドレスと異なる場合>
懇親会へ参加:する・しない<選択してください>
懇親会は:食事組・飲み組<選択してください>
ひとこと!:<この会への参加動機をお願いします>
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−>
お申し込み後、2日以内にお申し込み確認メールを返送いたします。
会場にお越しの際は、お申し込み確認メールをプリントアウトの上ご持参願います。
また、会場やタイムテーブルに変更がある場合は、再度メールにてご連絡する場合があります。ご了承ください。
【懇親会】
イベント終了後、場所を移して、懇親会を行いたいと思います。
食事組・飲み組に分かれて催します。
予約の関係もありますので、事前にご連絡いただけたら幸いです。
懇親会は会費制です。
【その他】
イベントでは、参加者の企業や個人のプロモーションを行う場を設けております。
プロモーションを行いたい方はeventinfo@ko-chan.comまでご相談ください。
事前の相談なしのプロモーションはお断りすることがあります。
【主催】
アジャイルプロセス協議会 見積り契約ガイドライン作成ワーキンググループ
【共催】
福井情報技術者協会 準備委員会

セミナー詳細

【開催のご挨拶】
13:00 - 13:15

「アジャイルプロセス協議会の活動内容と今後の展望について」
フリーITコンサルタント 北野 弘治 氏  

アジャイルプロセス協議会の活動経過と当協議会の今後の活動について説明します。

【アジャイルプロセス協議会 セミナー1】
13:15 - 14:00

「アジャイルプロセスのもたらすインパクト - ソフトウェアとビジネスの本質的困難をのりこえる知識主導型の経営、組織、プロセスについて考えよう - 」
株式会社一 大槻 繁 氏  (講演者略歴)

システム開発・保守運用、調達、インテグレーション、組織改善の現場で、アジャイルプロセスのもたらすインパクト、期待効果、コストについて考えてみたいと思っています。
官庁や大企業のシステムは、アジャイルプロセスとはかけ離れた世界ですが、いろいろな局面で限界がきているのも確かです。
世の中の大部分は、レガシー、ウォータフォール、人月積み上げ提案にどっぷりと浸かっていますし、デスマーチプロジェクトも蔓延しています。
この30年間のソフトウェア産業の歴史を振り返り、産業論、技術論、マネジメントの視点から、我々が正しい途を歩んでいるのかを問うてみようと思います。
当協議会の各WGの活動状況や期待成果についても言及し、アジャイルプロセスの考え方がもたらすインパクト、最近とりざたされているエンタープライズ・アーキテクチャ、プロダクトラインといったものとの関連についても考察を加えてみようと思います。

【福井情報技術者協会 発足セミナー】
14:00 - 14:30

『今こそ、立ち上がろっさ。ソフトウェア大国福井を目指して!』
株式会社アイジュピタ 新出 純壱 氏  
フリーITコンサルタント 北野 弘治 氏

福井県内外で活躍している福井県に関わるITエンジニア達のスキルアップを目指し、ソフトウェア大国福井にするべく、コミュニティ形成拡大を目指す。

14:30 - 14:40
休憩

【アジャイルプロセス協議会 セミナー2】
14:40 - 15:40

『リーンソフトウェア開発と「見える化」』

◇書籍『リーンソフトウェア開発』の7つの原則と、見えないソフトウェア開発を見えるようにする手法のアイディア見せます。

【交流イベント】
15:40 - 17:00

『ソフトウェア開発の成功・失敗の意外な要因』
福井コンピュータ株式会社 小島 富治雄 氏  

全員参加型イベント。参加者の経験談を元にソフトウェア開発の成功・失敗の意外な要因を分析。ソフトウェア開発には気づかない事実が隠されている。。。見積り?契約?開発者のやる気?それとも・・・

FITEAロゴ福井情報技術者協会のページへ戻る